セルフシェイプ

 今年もGWに毎年恒例、千葉トリップにいつものメンバー+テケテケな我が家の子供2人で行ってきました。


 世間では10連休のGWとなった為、大渋滞覚悟で行きましたが、例年以上に行きはスムーズに千葉まで到着、しかし帰りも余裕かと思っていたらアクアラインで大渋滞😭


 さてここ数年、海の近くにサーフィンがしたくて伊良湖に移住してきたものの、コンテストでの波の取り合い、点数を出すサーフィンに囚われ、サーフィンする楽しさを忘れ海に入る回数が激減。波があれば毎日でも海に入っていたのが、月1~2程度の波のいい波の日にしかサーフィンしなくなっていました。

取材で1週間行った3年前のバリ島も一度も海でサーフィンしなかったのですが、千葉に来る前に、近所のひだまり接骨院 https://www.instagram.com/hidamari.settkotuin/?hl=ja のケイスケ先生に7.11のミッドレングスのサーフボードを借りて、波の上に乗せられているスピード感、フロー感に、自然の波に乗るにサーフィンの楽しさを再認識


 今回の千葉トリップでは、ワーキングホリデーで行っていたオーストラリア時代からの友人、シェイパーGAKU にhttps://www.instagram.com/environmentsurfboard/?hl=ja ミッドレングスを1本作って貰いました。


shaper GAKU



今回シェイプしてもらった7のミッドレングス


胸前後のファンウェーブで横に行く爆発的なスピード感がたまらないピンテール

しかしこれだけ尖ったピンテールはカットバックする際のかかりずらい為、精進して乗りこなします



 7の削って貰ったミッドレングスとは別に、今回初めて一緒に千葉に行った子供達がスポンジボードでなく、ウレタンボードが欲しいと前々から言っていたので、シェイプルームにあるブランクスを子供達の為にセルフシェイプさせて貰いました。


 アメリカなどではよく雑誌で、自宅のガレージで自分のボードや子供の為にシェイプするガレージシェイプは見るのですが、日本ではまだまだブランクスを個人で購入する機会がなく、いつかシェイプしてみたかったのですが、中々出来ませんでした。

 environment surfboardでも、たまにお客様が自分でサーフボードを削りたいと言われるらしく、自分でブランクスから削り出してアドバイスやラミネートをしてくれるので今回もお願いしました。


 

1日目は子供達が近所の子供と海に入りに行っている間に、お父さんプロの指導を受けながらブランクスのシェイプ 

自分好みのレールの厚み、コンケイブにしました


2日目 削ったサーフボードを子供と一緒にレジンアート


この後の工程はプロにお任せして後日送ってもらう事にしました。

完成して一昨日送られてきたサーフボードがこちら

6.6のミッドレングスで2+1のフィンセッティング 

子供にはシングルフィンで基本を学ばせ、お父さんは台風ウェーブのロコで使用予定😁


まだスープライディングですが、昨日父親が削ったサーフボードで楽しそうにサーフィンしていました


この後、海の中で子供とサーフボードを交換してフィンの位置などセッティングしましたが、一緒に作ったサーフボードで親子で遊べる日が来るなんて嬉しいですね。

千葉でお世話になった皆さんありがとうございました


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Yosuke Kondo Photography

  • Facebook Classic
  • Instagram Social Icon